魂のアクビ

健康・映画・ライフハック

末端冷え性がトライアンドエラーで得た寒さ対策

今週のお題「冬の寒さ対策」

他の記事でも書きましたが、特に末端冷え性が酷く、ここ最近の気温の低下でモロにダメージを食らっています。

 

1.寒さ対策でよく言われるのは、「手首・足首・頚動脈あたりの首を温める」これが王道じゃないでしょうか。

この3首は、体の外側から触れることの出来る触知動脈であること

むしろここを外気にさらすと、外側から触れられるくらい浅い場所にあるので外気の影響を受けやすく、そこを通過する血液が冷えてしまい、ひいては体全体が冷えてしまうと言われています。

よって、マフラー・手袋・ネックウォーマーでセルフケアを行いましょう!

 

サプリメントや漢方を飲む

「冷え症」はいわゆる病院では専門科はないそうです。これは欧米人に冷え症がいないため、病気として認識されておらず、専門医は日本でもごく僅かです。婦人科では扱っているところも多く、保険適用内で漢方薬の処方をしてくれるそうです。西洋薬でもワルファリンなど血流をサラサラにする薬を処方してくれるかもしれません。

民間療法ですが私が少し効果があったと思うのは

シトルリン

・アルギニン

・ビタミンE

・葛根湯

・加味逍遥散

・半夏厚朴湯

・ショウガ(特にお湯に溶かしたものを飲む)

・スパイスの効いたカレー

養命酒

・甘酒(近年注目が高く、栄養価が高い)

 いずれも血流を良くしたり、体を芯から温める効果があります。

 

3運動をする

これまた王道です。

どうも私は足先から足の裏が冷えるので、ウォーキングなどをおこなってみましたが、効果は薄かったです。歩くなら傾斜のきつい坂道の方が足首への負荷が大きく冷えへの効果は高いです。

ウォーキングより遅いスピードのジョギング(いわゆるLSD)の方が運動強度も高く、また走るとふくらはぎにある腓骨筋が鍛えられることにより、足の末端まで血行がよくなります。

ジョギングが難しい人は爪先立ちと踵立ちを繰り返すと、腓骨筋周りや足首が鍛えられ血流がよくなるそうです。

またいわゆる全身の筋トレで、熱産生能力を高めるのも王道といえます。

 

4お風呂で保温

自宅でも良いですが、近くに温泉があれば暖かい風呂やサウナまどで保温をし、心臓の遠いところから水風呂に浸かって見ましょう。温冷反復浴と呼ばれるもので、自律神経を鍛え、寒いときは寒いところを、熱いときは放熱をするように体の司令部が切り替えをしてくれるようになるます。また水風呂に入ることで毛穴がひきしまり、サウなやお風呂でぬくもった状態に毛穴を閉じて栓をしてくれるので、水風呂を最後に上がっても体はポカポカします。

 

※5ゆったりしたボトムを履く

実は最近自身でも目から鱗だったんですが、ゆったりとした裏起毛のジャージを履き、さらにもう一枚バイク乗りの人が履いてる合羽のようなゆったりしたジャージをはくと、足先まで血行が良くなることに気付きました(会社員や女性には難しいかもしれません)

つまりゆったりとした防寒性の高いパンツを重ね着することでしょうか。

自分はスキニーなどの下にタイツを重ね着をしていたんですが、それでもふとももは温かいのですが、膝下から足先は冷えたままでした。ファッション性は低下しますが、保温性のあるダボっとしたジャージの重ね着をしたら、上記の方法のどれよりも足裏がポカポカで、嬉しいやら拍子抜けやらで、こんなことで治るんかい!と複雑な気分でした。でもやっと足の末端の冷えから解消され、冬季性うつのような心身の不健康さからは解放されたように思います。

お洒落な人々、特に女性のスリムなパンツや男性の細身・スキニーなどは足の血流を阻害しやすく、細身の服に重ね着うぃすると、膝や足首で血流が悪化するように思います。

まあこれはたまたま自分にあった方法にだっただけかもしれませんが、休日にでも試してみて欲しいです。

 

6まとめ

アラサーになり、若い時分は異常な熱がりだった私ですがこの頃冷えに心身を侵され、こんなに苦しいものかと悩んでいる人の気持ちが分かりました。

まだ寒い日が続きますので、色々試して暖かくて心も体も満たされるような毎日をお互い送れるようになると良いですね。

<了>

アイコスを吸うと冬場が特に体調が悪い

f:id:musicismath:20170127233916p:plain

 

 

★紙タバコをやめて数ヶ月はアイコスの肯定的な面が実感できるようになったが…

 

 

5月からアイコスに変えて、初めは禁煙のプラス効果に似た良い変化を感じていた(ニコチンを含むためアイコスを吸うのは完全な禁煙とは言えない)

実際にタールがないために、肺や気管支が物凄く楽になった実感を覚えた。喫煙後の脈拍の増加も抑えられ、心拍数も上がらず穏やかな喫煙の満足感を得ていた。

 

だが冬場になってどうも体の調子が悪い。特に首や肩こりや腰の鈍痛が顕著で、フィルターのカットできる部分を外して吸うと喉に強い刺激を感じるようになった。

 冬は血管が収縮しやすく血の廻りが悪くなる。

「冬場になると膝が冷えて…」なんて健康食品のCMがあるが、こんなに身をつまされる日が早く訪れるなんて…(;;)

 

もちろんこれには個人差はあるのだろう。喫煙を続けても健康な長寿の方々はいる。

よって自分がアイコスの成分の中のどれかが体質的に合わないことも一因であるだろう。

 

 

 

★やはりニコチンの作用か?

タールを摂取していないので、息切れや咳などはほとんどなくなった。しかし冬場になりどうも体が、重たいそしてすぐ風邪を引く。

手足が冷たく、特に足の裏や指先が異常に冷えるのだ。

知り合いにも同じような不調を訴える人がいて(といっても一人なのでデータとしては乏しいが)アイコスをやめた途端、肩こりが緩和されたという言っていた。

アイコスは紙タバコよりニコチン量が多いと言う俗説があり、強いものだと紙タバコ10倍のニコチンを摂取していることになっているらしい。

結果として自分は冬の血行の悪くなる時期に肩こり・腰痛・首の凝りが例年より重くきつく感じており、血流悪化により入眠困難と寝ても筋肉が緊張して疲れが取れず、メンタルにも不調を来たしている(全てがアイコスのせいだとは限らない)

そして上述の四肢の末端の異常な冷感刺激と冷えを、外気が下がれば下がるほど苦痛を感じているのは事実だ。

暖かい靴下を履いても、顔が汗をかくくらい温かいものを食べても足先の冷えは解消されず、動脈硬化やパージャー病(タバコ病)を疑うほどだ。

 

 

 

★結論:アイコスは結局悪なのか

体質に合わない人もいるし、作用が強くでてしまう人もいる。

喫煙の有害物質の中でタールが一番害があることは疑いようの余地はない。紙タバコでタールを摂り続けると、COPD(慢性閉塞性疾患)になる確率は高い。

しかしもしニコチンによる血流の悪化がアイコスによるものだとしたら、慢性的な身体の不調を引き起こす可能性は否めない

夏場はおそらくそういった症状を感じないだろうが、まだ今後も続く冬場では様々な不快な症状を感じる方もこれから増えるかもしれない。特に冬場は冬季性うつ病という日照時間や血の巡りが悪くなることで、精神的にも調子を崩すことも考えられる。

 

そのような場合、ジョギングや定期的な入浴やサウナなど、凝りや血流に対するセルフケアが必要になってくる。

アイコスは素晴らしい製品だと思う。当然自分は紙巻タバコはもう吸わないだろう。

ちなみに今はメンソールからミントに変えたが、ニコチンの量が半分になっているという噂もありプラシーボかもしれないが、血行の悪さは幾分か解消されたような気がする。

 

まとめ

まとまりのない意見になってしまったが、タールは有害だがニコチンも度が過ぎるこれほど強く作用するのだと、素人ながら恐れを感じた。

最近は本数も減らし、ジムで体を動かし、血流の良くなる漢方やサプリメントを摂取している。

今までは若さの恩恵もあり、その予備力で不調を感じなかったが、30代40代になると体にダイレクトに不調を来たすことが多いのだと感じ入ることが多く、みなさんご自愛ください。

冷え症に効いたもの

物心付いてから末端冷え性であることを自覚して数十年だが、今年から頓に冷えが酷くなった。

これは断じて甘えではありません。いや本当に。

毎朝布団を出る時の心境は、海女さんが焚き火で十分に体を温めてから「えいや!」と海へ潜るような決死の行為である。

さらには最近冷えによる不眠もあり、十分に寝れなかった日は寒さと眠さで魂はここではないどこかにいるらしく、ファミコンキン肉マン」のブロッケンJrのビリビリビームを食らい続けているようなものである。とにもかくにも何もできないのだ。

f:id:musicismath:20161229004517p:plain

まだ寒さが本格化する前だから良いが、2月ぐらいになると本当にどうなることやら。

まして今年は秋口から冷えの兆候が激しかったので、自分は年中冷えと戦わないといけない体になってしまったかもしれない。

よく「3首」を暖めると良いと聞く。手首・足首・首。これは体の外から触れることのできる触知動脈という奴で、ここを温めると全身を流れる血液が温まるらしい。しかし冬場は厚着でごまかせるが、軽装に3首にそれぞれウォーマー的なものをつけるとおしゃれなプードルみたいになりそうだ。

 

 しつこい冷えにシトルリン

 ここで唐突なCMのように結論をお伝えするが、これは1番効果がありました。

シトルリンはアルギニンへと分解され、NO(一酸化窒素)を放出し、血管を拡張してくれるのだそうだ。鉄分やらビタミンE(血液サラサラ成分)などもためしたが、安いものだからかあんまり効果は無かった。

シトルリンは自分には良く効いており飲んで30分もしたら、冷蔵庫のしなびた食材のような冷たい足がポカポカと精気を放っているのだ。

ちなみに小生の父は糖尿病で似たような状態になり、足が壊疽するのではという危機的状態に陥った数年前から、アルギニンを含んだ高額なマルチ商法サプリメントを飲み始めたら良くなったそうだ。目下のところマルチでないサプリへの移行を説得中です。

 

 

 酸素カプセル

 冷えの治療で何度か入ってみた。確かに効果はあると思います。

ただ定期的に入らないと目立った効果は現れにくそうです。

酸素カプセルはどちらかというと、脳を休めたりと不眠のほうに効果があったように思います。

 

 

温冷反復浴 

 これも結構効果があると思います。足の裏は静脈血が溜まりやすく、筋肉の収縮で静脈は還流となり前身の血行がよくなるため、サウナと水風呂を繰り返し入ることで筋肉の収縮と自律神経が鍛えられるためおすすめです。

自宅のお風呂でも湯船と水シャワーの反復でも効果はあると思います。

 

 ジョギング

ふくらはぎは第二の心臓でもあるため、ここを鍛えることが 血流改善に大きいのではないかと思います。また体が硬いと血流は悪化するので終わったあとはよくストレッチをして、湯船で温冷浴をするとさらに効果的です。

 

 

冷えは東洋人固有のもので西洋医学には冷えと言う病気はなく、それゆえ病院にいっても婦人科以外は専門の科はないそうです。

民間療法でも効果のあるものを取り入れて、冬場の体調管理をお互いに心がけましょう。

英雄譚・秋山好古(陸軍大将)

f:id:musicismath:20161220225757p:plain

 

 

 

司馬遼太郎の作品「坂の上の雲」という小説の主人公が秋山好古という男だ。

彼を一言で表すと「尋常ではない大酒飲み」だ。

 「日本騎兵の父」として知る人ぞ知る軍人。

進撃の巨人」という作品のピクシスというキャラクターのモデルであったらしい。

 

ある高名なフランス軍人日露戦争を総括し、「秋山好古の生涯の意味は満州の野でコサック騎兵を破ったというただ1点に尽きる」と明言した。

日露戦争では大将として従軍し、戦場では指揮官として戦術を練っていた。

持参物は模造刀と自決用の小型ピストルと酒の入った水筒だ。

お酒のストックは直属の部下にも持たせてある。

「身辺は単純明快であれ」

これが彼の生涯の信条であった。今風に言うとミニマリストとなるのだろうか。

 

銃弾や砲弾の飛び交う戦場で、戦況に頭を悩ませながら口に酒を運ぶ。

そこだけを切り取れば「世界びっくり人間」とか「名物酔っ払い軍人」みたいな印象を持たれるかもしれないが、その逆で何事にも誠実で寡黙、思慮が深く最後の古武士と称されていた。

どのようなメカニズムか分からないが酒を飲むことで思考が静謐になる体質だったらしい。

 

彼は5番目の弟が東大生の時に、人間はどう生きれば良いかと質問をされた。

この5男は後に海軍へ入隊し、日本海軍最高の頭脳として「丁字作戦」の草案を出した秋山真之という海軍の名参謀になる。

この時好古は「自分は軍人である以上、陸軍の一個の機能(ファンクション)としてありたいと思っている」と答えた。

「学生と言う漠然とした存在のことは良く分からない」とも。

好古の兄さん、僕も未だに答えが分かりません。

 

規律の厳しい全体主義的な陸軍の中でも、その哲学は合理的でロジカルだった。日本の騎兵はロシアと比較して歴史が浅く、馬格も経験も戦術理解も騎兵・騎馬数も大きく負けていた。

そこでその差を埋めるために当時まだ馴染みの薄かった機関銃の支給を本部に依願した。

軍事費カツカツの財布の渋い本部に何度も依願した。

これが功を奏し、秋山師団の守っていた最右翼へコサック騎兵の侵入を赦さなかった。黒溝台という場所では下手をすると最右翼が大崩れし、敗戦の危機となる恐れがあった。

 

また相手の平站補給の妨害やロシア側の通信網や鉄道路の破壊・威力偵察など、近代的戦争における騎兵の効果的な働き方を熟慮していた。馬上から斬り合い打ち合うのは象徴としての騎兵像だ。騎兵は機動力こそが主たる特性なのである。

 

日露戦争後、元帥への昇格の話もあったが、これを断り田舎の松山で北矛高校という所の校長を勤めた。他の大将たちに比べれば地味な晩節と言えよう。清貧にして無欲、しかし心は豪胆という性質は生涯一貫したものだった。幸か不幸かそのためあまり人物史や晩年の様子の記録物が少ないのが惜しくてたまらない。

 

「男児は生涯一事を成せば足る」という彼の人生観を思い出すたびに、所在の無い気持ちになる。

秋山好古の臨終の言葉は「奉天へ」と生涯の一大事業想起させる一言だった。「馬曳け!」であったなどと諸説あるが、いづれも日本騎兵の父という立場より発せられたものだ。

以前本の感想で書いた棋士村山聖も「2七銀…」であった。

 自分にはまだそういうものが無い。

 

坂の上の雲」を読み、松山のお墓にお酒を供えに行きたいと思い7年が過ぎようとしている。

年の瀬に達成できなかったことを振り返っていたら、秋山大将のことを思い出しこんな内容になってしまった。

機会のある方は「坂の上の雲」にて秋山’信三郎’好古さんのカッコイイ生き方に触れてみてもらえると嬉しいです。

3時間あっという間の面白さ!! 映画「きっと、うまくいく」

f:id:musicismath:20161219224725p:plain

 

(あらすじ)

行方不明だったランチョーが街に戻ってくると聞き、ファルハーンとラージューは母校に向かう。10年前、三人はインド屈指の名門工科大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいた。しかし落ちこぼれ2人と、勉強はトップだが問題児で学長の娘と恋仲に落ち婚約を破談させるランチョーは校長の怒りに触れ、卒業目前で退学を言い渡される。

ファルハーンは中流家庭だが、家族は息子がエンジニアという勝ち組になることへ期待を一心注いでいた。

ラージューは貧しい家庭に生まれ、家族の面倒を見るためにもどうしても卒業しなければならなかった。

またランチョーは謎の多き男で、実家はかなりの資産家のようだが…?

 

(感想)

3時間近くある大作だが、ほとんどダレることなく面白く見れます!個人的には今年見たナンバーワンの映画です。

インドという日本の10倍近い人口の国。かつて日本も学歴競争が過熱した時代がありましたが、そんな比ではないのでしょう。

 

このICE工科大学のヴァイラス学長は無駄を嫌い、自らを分単位でスケジューリングし規則を重んじる管理主義者だ。

カリキュラムもガチガチな詰め込み方式でこんな一幕があった。

 

面白かった場面

ある教授がランチョーに機械とは何かと問うた。

ランチョーは「人間を幸せにするもので、…人の仕事を助け時間を節約する…」などと回答した。

しかし教授の求めていた答えは分厚いテキストの暗誦であった。

チャトルというランチョーをライバル視する男がドヤ顔で答えたものが教授の期待する答えだった。

チャトル「機械とは一連の動作を行うものでねじなどによって力と動きが伝わりテコの原理や滑車等を使い複雑な各パートや部品を組み合わせ制御したり動かしたりするものです。

 

ランチョーはそんな言い回しでは人にモノは伝わらない、学習とはこういうことではないと教授に異論を唱えたため退室を命じられる。

その後すぐに教室に戻ってきたランチョー。教授が「何事か、退出を命じたはずだ。」と不快感を表すも忘れ物をしたという。

 

教授 「なんの忘れ物だ?」

ランチョー「記録や分析やまとめのため情報を時には図版と共に収めた目次や前書きや索引の付く人間の理解を助けて役に立つ品物です。」

教授 「なんだそれは」

ランチョー「本です

というような皮肉の効いた漫才のようなやりとりもあったり。

 

あとテストの提出期限が遅れてしまい受付不可と言われた場面で、ランチョーが急に高圧的になり「なんなんだキミは!!」「俺を誰だと思ってる!!」と威嚇すると、事務員は怯えながら「誰なんですか…」と呟いたため、自分の名前を知らないことを確信し、回答用紙の束をめちゃくちゃにひっくり返し自分達の回答を紛れ込ませるシーンなど笑い所は多い。

 

かくして色々ありながらも卒業した3人だが天才児ランチョーはその後、誰とも連絡を取らなかったが、ある日飛行機の機内で離陸を待つハルファーンのもとにランチョーが見つかったという知らせが入るところから、この映画は始まる。

この10年彼はいったいなにをしていたのか。

 

冒頭でも言いましたけど放映時間は長いです。でもあっという間の3時間弱だと思います。

映画の良いところって、いつもは狭い日常に合わせられたピントを広く解放してくれるところだと思います。

私も忙しさに追われて死んだような生活をしていました。

なかなか困難ではありますが「人生のために仕事があってその逆ではない」

という狭まったピントを矯正してくれる効果があるように思います。

そんな映画でした。今ならhuluで見れます。

アイコスによる体調への悪影響?

f:id:musicismath:20161219203757p:plain

多忙によりブログを放置し、正業に全力を注いでおりました。ご無沙汰しています。

その間季節は変わり、秋が深まりついに年末へと近づいてまいりましたね。

 

一般的に秋冬とは割合過ごしやすい季節であると言われますが、私の場合10月ぐらいから体調を崩し、精彩を欠いた日々が続いていました。

とにかく手足が異常に冷えるんです。生来、末端冷え性であることは自覚しているのですが、今年はそれに留まらず、倦怠感や悪心などを伴い、病院で検査を何度かしました。

 

思い当たる節があるとすれば、今年は事故で首を少し痛めたこととアイコスに代えた事ではないかと当たりをつけています。

私は医者ではなく、素人ですので検討外れかもしれませんが、この異常な冷えと冷感はニコチンによるものではないかとおぼろげに睨んでいます。

以前はアメスピの1mgを吸っていました。

f:id:musicismath:20161219204236p:plain

 

 

アイコスの今吸っているメンソールは1mgとおよそかつての10倍。うーん、もしかしたらこれが元々持ち合わせていた冷え性を悪化させ、血管縮小から血流促進を阻害しているのではないか。

そして首肩の凝りが全身に不快感を与えているのかもしません。

 

今年は秋口から、もっというと夏場クーラーの効いた部屋で少し寒気を感じていており不吉な前兆を感じていました。机に座っていても膝から下の寒さが尋常ではなく、もうそのことしか考えられないぐらい冷えにおかされていました。一応病院などで血液検査など一通り行い異常は見られなかったのですが。

うーん、アイコスは理想の喫煙具だと思っていたが、自分にはこういう落とし穴があったのかもしれません。ニコチン恐るべし。

 

冷えは西洋医学では病気という認識が無いため、特別な治療などはないようで駆け込む先もなく、ブログを放置していた間に様々な防寒・冷えの根治治療に奔走していました。

まあアイコスの件は要経過注意という扱いで、調査を続行しようと思います。

 

 

 

 追記:1月28日追記

musicismath.hatenablog.com

 

 

川島道行さん、逝去/tha blue herbの「candle chant」

川島さんがなくなったことをニュースで知った。

何度かイベントで見た程度のファンだが、曲は好きでジョギングのBGMとして聞いている。

これからもboom boom satellitesの曲はジョギング中にお世話になるだろう。

フジファブリックもミッシェルガンエレファントもrei harakamiさんも未だに聞く。

彼らに生じた衝動や叡智や感性が曲として、連綿と音楽史に続いていくのを僕はただ聞く側の人間だけど傍観者として眺め、これからも聞き続けます。

 

それでもまだ悲しい気分が散会してくれそうにないので、「candle chat」というTBHの曲を聴いて人間の生き死についてぼんやりしながら明日からまた自分の生活に戻ろう。

この曲はラフラという夭逝したラッパーに宛てた曲ですが、どんな人との離別にも同じような気分で、亡くなった相手のことを想う普遍的名曲だと想います。

 

www.youtube.com